2013年11月24日日曜日

新MBP(Mavericks)への開発環境移行について

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンジニアの上田です。
MBAを使っていたのですが、そこからMBPへ開発環境を移行しました。
そこでいくつかつまづいたので解決した経緯をblogに記載しておきます。
同じ状況で困ってる人の参考になればと思います。

移行前PC

Mac Book Air (OSはLion)

移行後PC

Mac Book Pro (OSはMavericks)
購入直後の状態です

移行環境

  • Xcode5系最新
  • Homebrew
  • JDK6
  • ruby 1.9.3
  • memcached最新
  • Cassandra 1.1.6
  • MySQL 5.5
  • Redis 2.6

手順

command line toolsなど他のインストールに影響するものから最初にいれていきます

1. Xcode5インストール

APP Storeからダウンロードしてインストールします
インストール後、一度起動してライセンスに同意しておいてください
同意しておかないとHomebrewインストールで失敗します

2. command line toolsインストール

xcode-select --install
Command Line Developer Toolsをインストールする確認ダイアログが出るので
Installボタンを押してインストールします

他のアプリなどを入れたりした後だとなぜかxcode-select --installを入力しても
Command Line Developer Toolsインストールダイアログが立ち上がりませんでした
Xcode5をインストール直後に実行しておいたほうが良いです

3. Homebrewインストール

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go)”
インストール完了後
brew doctor
と入力し
Your system is ready to brew.
と表示されることを確認します

4. apple-gccインストール

Xcode4からコンパイラがLLVMになりました
互換性などの問題によりLLVMではCassandraのコンパイル後、起動時にAbort trap: 6というエラーがでます

brew tap homebrew/dupes
brew install apple-gcc42
sudo ln -snf /usr/local/bin/gcc-4.2 /usr/bin/gcc 
と入力してインストールします

5. JDK6インストール

http://qiita.com/m_mysht/items/a5e60d260c7078331d66
このサイトの内容を参考にインストールさせていただきました
JDK6はOracleからは入手できないのでAppleのサイトからインストールします

6. ruby 1.9.3インストール

RVMでインストールします
sudo \curl -L https://get.rvm.io | bash -s stable --ruby
sudo rvm install 1.9.3
source .bash_profile
rvm use 1.9.3 —default

7. memcachedインストール

brew install libevent
brew install memcached

8. Cassandraインストール

通常はhttp://cassandra.apache.org/download/からダウンロードしますが、入れようと思っていたバージョンの1.1.6は既にダウンロードページになかったのでhttp://archive.apache.org/dist/cassandra/1.1.6/からダウンロードしました。
apache-cassandra-1.1.6-bin.tar.gzを解凍して自分の分かりやすい場所に置きます。
brew install libevent
brew install memcached

9. MySQL5.5インストール

http://dev.mysql.com/downloads/mysql/
上記サイトから64bitのDMG Archiveをダウンロードしてインストールします

10. Redisインストール

brew install redis

開発環境移行は以上で完了です!!
だいたい3時間くらいで完了できます

開発環境移行前は2年くらい前に買ったMBAを使っていたのですが、Unityなどを使用してアプリ開発をしていると使用メモリも多く
だいぶ効率が落ちてきていると感じました。

そこで会社にお願いして新しいMBPを買ってもらいました。
退職理由は「転職先のモニターのほうが大きい」から?でも書かれていましたが、自分が働いている会社が「エンジニアが一番パフォーマンスを発揮できる環境を整えてくれる会社である」ということはとても重要であると考えます。
そんなエンジニアの気持ちを汲み取ってくれるHappy Elements株式会社で私たちと一緒に世間をあっと言わせるような面白いアプリを作ってみませんか?

Happy Elements株式会社は一緒に働く仲間を募集中です!

詳細な情報は以下のサイトをご覧ください。


Wantedly
https://www.wantedly.com/projects/3743

Happy Elements株式会社 JOBS
http://www.happyelements.co.jp/index.php/category/jobs/kyoto-office